MENU

便秘茶を代表する美爽煌茶と桃花スリムを比較!

便秘茶にはいろいろな種類がありますが、なかでも美爽煌茶と桃花スリムは、最近人気の便秘茶です。
どちらも、便秘対策の効果が高く、飲みやすいハーブティーとして人気があります。
そこで、それぞれの特徴を調べて、徹底比較してみましょう。

 

配合成分の違いは?

 

どちらも女性にうれしいハーブティーですが、配合成分にはどのような違いがあるのでしょうか?
まずは、味と香りのベースが違っている点が目立ちます。
美爽煌茶はアップルティー、桃花スリムはその名の通り、ピーチティーの仕上がりになっています。

 

さらに、材料の違いをチェックしてみましょう。
美爽煌茶には、カミツレ、カワラケツメイ、エビスグサの種子、麦芽などが配合されていて、植物素材が中心です。

 

それに対して桃花スリムには、ゴボウ根、黒大豆、生姜、マクイベリー、キャンドルブッシュ、ハイビスカスなどが配合されていて、食物成分とハーブが中心になっています。

 

どちらもおなかの調子を整える成分がしっかり配合されていて、飲みやすいハーブティーになっています♪

 

 

価格を比較してみると?

 

お値段を比べてみると、美爽煌茶は、普通は1カ月分30袋で3600円なのに対し、桃花スリムは、1か月分30袋で4286円です。
桃花スリムのほうが価格が高いので、美爽煌茶のほうが良さそうに見えますね。
でも、長く続けることを考えると、じつは桃花スリムのほうがお得になるんです!

 

お得の理由は、定期コースです♪
桃花スリムの定期コースは、1カ月分が3429円になります。
毎回、このお値段で購入できるので、実質的には、3429円が通常の購入価格になりますね。
それで、結果的に、桃花スリムのほうがお安くなるというわけです(^^♪

 

このように、味や香り、成分のほかに、価格も判断材料のひとつになるでしょう。
いろいろ比較して、自分に合う便秘茶が見つけられると良いですね。